ななめ上の人

子どもにとって、どんな人に出会うのかはとても大事ですね。

生まれてすぐからの出会い、それは家族です。

 

成長するにつれ、出会う人も増えていきます。どのような人に出会うことが成長過程で必要なのでしょう。

 

家族でもない、学校の先生でもない、一言では説明しづらい関係の人・・・このような人とのかかわりは子どもにとって心地よいものです。

 

その子の生活について細かなことは知らないんだけど、会ったときにはすっと一言くれる人。

その子にとってななめ上あたりにいる人。

 

昔はご近所のお兄さんお姉さん、といった人がわりといました。

令和の時代、子どもたちはなかなかそういう存在に出会いにくくなっています。

意識的に探す、ということも必要かもしれませんね。

カウンセラーが「ななめ上の人」になれる場合もあるかと思います。

どうぞご利用ください。

 

スタッフ:水元

関連記事

  1. コロナ禍でのカウンセリングで思うこと

  2. 若者の企業を応援してます!!

  3. 病院か?カウンセリングか?悩む方へ

  4. カウンセラー人生:今年を振り返ってみました

  5. コロナ禍での自粛生活が続いていますね

  6. ストレスには良いものもある!「良いストレス」とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。