よくあるご質問

よくあるご質問

FAQ よくあるご質問


1

病院に行くよう周囲に勧められますが、抵抗がありどうすればいいでしょうか?

「心療内科や精神科に行く」ことに抵抗や不安がある方もいらっしゃるでしょう。 当オフィスは、「病院に行くのは抵抗がある」という相談者様のことも考え開設しました。目の前の相談者様に最も合った解決方法をカウンセリングを通じて提案していきます。その上で、医師の診察をご希望された場合、心療内科等クリニック・病院をご紹介しております。

2

自分のことを話すのが苦手なのですが…

当オフィスではカウンセリングを希望する方の、「今の状態を解決したい」という前向きな気持ちを重視します。まずカウンセリングを受けようとする方の気持ちを「楽にする」こと=信頼関係をつくることから始めます。ですから、気持ちや自分の状態をうまく話せなくても「話したい」ことから丁寧にお聴きし、ときには心理テストを用いるなどしてカウンセリングをじっくりと進めていきます。来談いただくこと自体、すでに問題の解決が始まっています。相談者様にとってカウンセリングが有益なものになるよう、尽力いたします。

3

うつは思い込みかもしれないのですが…

うつにも様々な要因と状態があります。なんとか仕事もできたり、いつも憂うつなわけではなかったりして、「自分は怠けているだけ」「性格が弱いんだ」とかえって自分を責めてしまっている傾向もあります。少しでもストレスを感じていれば、カウンセリングを受けて状態を改善していくことが必要です。 確かに最近では「うつ」という言葉が頻繁に使用されるようになり、ごくごく軽い段階のうつ状態で「自分はうつ病だ」と思い込んでますます心をふさいでしまっている人も少なくありません。自分に合った対処法をみつけていくことが早期回復につながります。当オフィスではカウンセリングを通じて、そのサポートをさせていただきます。

4

問題を抱えた本人が来談しないといけませんか?

いいえ、ご本人が来談しなくてもいいです。不登校をはじめ、本人が相談(来談)しづらいのは当然です。来談すること自体が、とてもエネルギーがいることであり、また勇気のいることだと思います。ご家族の方や、その他、問題の解決を願っている方が来談していただくことで、問題が解決していきます。

5

個人情報は守られるのでしょうか?

当オフィスでは、相談者様に関する情報をカウンセリング以外で使用することは一切ございません。問い合わせでいただいた情報、カウンセリング内容は全て厳密に管理しております。

6

心療内科等に通院中ですが、カウンセリングは受けられますか?

通院されておられるクリニック・病院の主治医よりカウンセリングを受けてもよいとの承諾があれば可能です。(クリニック・病院によってはカウンセラーがいるところもありますね。)「もっと話したい、聞いてもらいたい」「カウンセリングを受けてより状況を良くできれば」などの相談者様のお気持ちに最大限お応えいたします。

7

健康保険は使えますか?

大変申し訳ありませんが、使えません。当オフィスのカウンセリングは、臨床心理学に基づいた治療行為であり、医療行為ではありません。そのため健康保険の適応外となっております。ご了承ください。

8

解決志向アプローチとは?

このアプローチの特徴は、「問題やその原因」よりも、解決に役に立つ相談者の「リソース=資源(能力、強さ、可能性等)」に焦点を当て、「問題が解決したとき=自分が望む未来」、を実現していくところにあります。「何がダメなのか?」ではなく、「現状が好転するために何が必要だろう?何が出来るのだろう?」をカウンセラーと考え、一緒に解決を創り上げていきます。

9

家族カウンセリングとは?

人に症状や問題行動が見られると、その人の家族は、どうしてやったらよいかと悩み、いろいろ試みるでしょう。家族カウンセリングでは、(可能であればご本人とともに)、家族(複数人の方々)と話し合い、家族による適切な対処法を見つけ実践することで、その症状や問題行動の解決を図ろうという方法です。不登校や引きこもり、うつ、食行動の問題、アルコール等の依存問題、性格上の問題、非行、夫婦関係に関することなど、様々な問題解決に適しています。

ご予約受付(完全予約制)
TEL.092-852-7327